共働きで家事に疲れた方必見!たまには自分の時間が欲しい方への楽する方法

昔の日本は男性が会社でお金を稼ぎ、女性は家庭を守るという時代が長くありました。

でも近年の日本は、女性も社会進出して、家事と仕事を両方頑張られている女性が多く見られます。

 

男性が家事を手伝ってくれる家庭もあるようですが、まだまだ割合的には少ないと思います。

 

共働きで家事をしない夫にイライラしてしまう場面も多くあると思いますが、この記事では、ちょっとでも家事を楽にするためのヒントや、夫をうまくコントロールして家事に参加してもらうためのポイントをお伝えしていきます。

 

仕事でクタクタに疲れてなんで私だけ家事をするの?

 

毎日お仕事お疲れさまです。

忙しい毎日のお仕事でやっと家について一息入れたいところですよね。

 

でも家事をしなくちゃならないと思うとかなり憂鬱になりますよね。

仕事でクタクタに疲れているのに、家事をするのは女性だけ?

 

なんで私だけ家でくつろげないの?

ちょっと横を見ると夫がソファーで寝そべってゲームやっている姿・・・

イラッとしますよね。

 

少しでも自分の時間が欲しいし、出来ることならば家事をやりたくないと思う方が多いと思います。

そこで時間を少しでも節約できて、家事の時短をするためにはどうしたら良いのか?

 

次に説明していきますね。

 

共働きでちょっとでも楽するために出来ること!

 

毎日仕事と家事を両立されている女性の方は本当にすごいと思います。

仕事が終わってから家事をするのは本当に大変な作業だと思います。

 

一般的に家事というと

・掃除

・洗濯

・毎日の料理

以上の作業をほぼ毎日やり続けなければならないわけです。

 

しかも仕事でクタクタになったあとでも、食事の準備や洗濯は絶対に欠かせないものですので大変なことには代わりありませんよね。

 

ただ、毎日の家事をちょっと工夫するだけでストレスを少しでも解消できたり、時短術を使うことで、多少は家事の負担を軽減することも出来ると思います。

 

そこで家事の負担を少なくするために道具や考え方を変えてストレスを溜めないような毎日を贈るためには具体的にどうしたら良いのかを説明していきますね。

 

家事の負担を少なくするために出来ること!

 

先程も一般的な家事とは「掃除・洗濯・料理」という主に3つの家事がありますとお伝えしました。

 

その中で特に頭を悩ませるのは「料理」だと思います。

旦那に「なに食べたい?」と聞いても「何でも良い」なんて返事が帰るとイライラしますよね。

 

料理を時短するためにはまず準備が必要です。

 

・献立表を決めておく(夫にも協力してもらう)

・便利調理家電を購入する(材料を入れるだけの便利グッズ)

 

以上のことをするだけでかなり料理における家事が軽減します。

 

 

毎日の料理で一番頭を悩ませるのは「なにを作るのか?」ですよね。

予め1週間の献立表を作成することで、家事の負担を軽減することが出来ます。

 

ただ、料理のバリエーションが少ない方にとっては最初は大変な作業になるかもしれませんが、1ヶ月ほど経過すると楽になってきます。

 

まずは、クックパットなどレシピサイトで料理のバリエーションを増やして、レシピを見なくても作れる料理が増えるたびに、献立表を作成するのが楽になります。

 

例えば以下のグッズで名前は「ホットクック」という商品ですが、具材と調味料を入れるだけであとは勝手にこの家電が調理をしてくれます。

 

ホットクックが調理をしている間に、お風呂に入ったり、自分の時間に中てられる事ができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SHARP ヘルシオ ホットクック 1.6L 電気無水鍋(無線LAN/音声発話搭載) レッド系 KN-HW16E-R
価格:47800円(税込、送料無料) (2020/8/18時点)

楽天で購入

 

 

 

 

共働きの家事分担のイライラ!

 

共働きで仕事から帰ってから家事をしなければならないのはかなり大変です。

 

仕事での失敗があった日にはなにもしたくないですよね。

 

しかも女性が家事をするのが当たり前のような家庭も少なくないために、夫がなにもしない姿を見るだけでイライラが止まりませんよね。

 

少しでも家事を軽減するためには料理の時短と合わせて夫の教育も必要です。

 

夫に家事参加をさせるためのポイント

 

男は何かと言い訳をして、家事に非協力的です。

仕事で疲れているのは女性も男性も同じなのに、なぜ女性だけ家事をしなければならないのか?

 

家事を分担しても最初だけで結局女性がすべてをしなければならない世帯は多いですよね。

 

そこで夫に家事を手伝ってもらうために必要なポイントとして2つの提案をさせていただきます。

 

1,褒めて伸ばす

2,夫が手伝わない場合はお金で解決してもらう

 

夫をほめて伸ばす

 

まずひとつ目の提案として「褒めて伸ばす」という方法を取り入れてみてはどうでしょうか?

 

多くの男性は結構単純で褒められると調子に乗って何でもやってくれる傾向にあります。

 

トイレ掃除、お風呂掃除など水まわりの掃除を手伝ってもらうには作業ごとにちょっと褒めて上げるだけで協力的になります。

 

女性の皆さんは潜在的に理解していると思いますが、男性は意外に単純ですから、褒めて伸ばすという教育をするとどんどん家事が楽になりますね。

 

夫にお金を出してもらい家事代行を頼む

 

褒めて伸びるタイプとそうではないタイプがあります。

結局最初の取り決めどおりに家事分担が出来ない状況になったら、家事代行サービスをお願いすることも検討してはどうでしょうか?

 

共働きでお互いに疲れて家事をする暇がない状況のときにはたまには楽をして家事代行におまかせしてみると、意外に時間の余裕が出来てしまいます。

 

定期的に依頼することも出来ますが、必要なときだけ依頼する「スポットプラン」というものがあります。

 

初めて利用される方はお試しプランもありますのでそちらをまずは試してみてはどうでしょうか?

 

最初に利用する家事代行におすすめなのが「CaSy(カジー)」です。

料理代行を始め部屋の掃除など一般的な家事代行サービスがすべて利用できて、お手頃価格でお試し利用ができます。

 

CaSy(カジー)のお試し利用をチェックしてみる

 

その他にも料金の安さが自慢の「キャットハンド」や丁寧な仕事が特徴の「ダスキンメリーメイドサービス」もおすすめです。

 

キャットハンドの口コミや評判をチェックしてみる

ダスキンメリーメイドサービスの口コミや評判をチェックしてみる

 

まとめ

 

共働きで家事と両立されている女性の方に向けてこの記事を書きましたが、仕事で疲れているのは誰でも同じことですので、極力家事の負担を軽くして、睡眠や心のリフレッシュに時間を使いたいですね。

 

家事の負担軽減のために出来ることは

・便利グッズで料理の負担を減らす

・夫に協力してもらう

・たまに家事代行サービスを利用して自分の時間を増やす

 

以上のようにまずは負担を少しずつ減らす工夫を取り入れていくという考え方を身に着けていくことが重要ですね。

 

毎日のことですから、ちょっとずつ変えていくことでかなり家事の負担を軽減していけると思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です