共働きで妻が家事をしない場合の対処法!理由や離婚を切り出すべき?

共働きで一番大変な作業といえば、毎日の家事だと思います。

 

日常で欠かせない掃除、洗濯と毎日の料理といったものがあります。

しかし、はじめの頃はやってくれていた妻がある日突然家事をしなくなったのには、少なからず原因があるようですね。

 

この記事では、妻が家事をしない原因や対処法をお伝えしていきます。

最悪の離婚は避けたい方は、まず出来るところから取り組んでみてください。

 

 

妻が家事をしない理由!

女性が家事をするものだという固定概念がある方が多いと思いますが、そもそも家事って大変なものなんです。

 

毎日の料理や掃除って本当に面倒なことです。

しかも仕事をしながら家事をするのですから、大変さも理解できます。

 

そもそもですが、妻が家事をするという常識も無ければ、得意なわけでも無いわけですから、女性が家事をするべきという考え方は現代ではちょっと通用しない考え方になるかもしれませんね。

 

その上で、これからお伝えする妻が家事をしない原因を読んでみてください。

 

もともと家事が苦手だった!

 

これはあるあるですが、家事なんて好きな女性ってあまり聞いたことがないですね。

ごく一部の家事大好きな女性はいるのかもしれませんが、基本的に誰もが家事はでいればやりたくないものだと思います。

 

だからこそ、家事はやりたくないという気持ちを理解してあげることで、夫としての行動も変わってきますよね。

 

単純に疲れてしたくない

 

疲れは当然だと思います。

だって、そうでしょう?

 

男性でも女性でも仕事をするとつかれるのは当然です。

必要だからと家事を頑張ってやるわけですから、性別に関係なく仕事終わりはなにもしたくないのは当然のことだと思います。

 

 

妻の家事に上から目線

 

最初は家事をしてくれていた妻も、徐々に家事をしなくなってきたという方は少なくありません。

 

ただ少なからず、夫の言動や態度は妻の家事の意欲を減少させている可能性があります。

 

例えば、自分で料理を家族に振る舞った経験がある方はよく分かると思いますが、家族からの反応が全く無い場合はかなり作りがいがありません。

 

一言でも美味しかったや、また作って欲しいという声が上がるだけで、料理を作った方は、救われるというかやる気になるわけです。

 

相手をやる気にさせるという意味で、妻に料理をしてほしいということではありませんが、一言お礼を言うのも必要です。

 

逆に、お礼もなく「美味しかった」の一言もない代わりに、いちいち味の評価をする夫は最悪の結果を招きますね。

 

せっかく作った料理をけなされるのは男でも許せないですよ。

 

夫としての対応はどうしたらいい?対処法は?

 

妻が家事をしない理由に少しでも心当たりがある方は、今後どのように対策をしていくのかなんとなくイメージが付いていると思います。

 

でも、なかなかどうしたらいいか分かりづらい方は、今後どのような対策をとっていけばいいのかをお伝えしていきます。

 

自分がいいなと感じた物を取り入れてみてください。

 

夫が黙々と家事をする

 

妻が家事をしないのなら、割り切って男性が家事をすることを選んで見るもの一つの選択肢です。

 

どちらがやってもいいわけですし、意外と手先が器用なのは男性の方だという意見もあります。

料理人も男性が多いので、そのへんは効率よく出来るようになれば、家事も苦痛ではなくなるかもしれません。

 

妻に家事分担を提案する

 

全部の家事を妻にお願いするのではなく、家事を分担してやってもらうことは非常に大事な考え方だと思います。

 

例えば、水回りの掃除は男性が担当する、妻に料理をお願いする。

 

以上のように役割をしっかり決めて、行うことで、家事を負担を減らすことが出来ます。

でも、男性は女性の家事の苦労を知るためにも最初は全部の家事を一通り続けてみることをおすすめします。

 

感謝を伝える

人としての当然の行為の感謝は絶対に伝えるべきですね。

 

いくら夫婦だとしても感謝がなければ、まず関係は長続きしません。

基本的な感謝が欠落している方は、要注意です。

 

家事代行を併用する

以上にお伝えした対処法をやっても家事の負担が減らない場合は、業者に依頼するもの一つの手段だと思います。

 

家事代行業者は最近では部屋の掃除だけのコンパクトなサービスや、料理だけ依頼するといった、適宜依頼できるサービスがあります。

 

たまに家事代行を利用したり、夫婦の時間を増やすためにも家事代行は賢い選択肢だと思います。

CaSy(カジー)の口コミと評判を確認する

ニチイライフの口コミと評判を確認する

ダスキンメリーメイドサービスの口コミと評判を確認する

 

 

それでもだめなら離婚を検討?

 

あらゆる手段を講じても妻が家事に非協力的だった場合は最悪の結果になるかもしれません。

 

夫婦になったからには、お互いを尊重しあって生きることが必要ですが、性格の不一致や、後々に知った相手の嫌な部分が大きくなったら離婚も検討する必要もあるかもしれません。

 

ですが、そもそもお付き合いをしていた、盲目の時期に家事が嫌いだったという発言があったなら、最初から家事が嫌いだとわかった上で結婚したのですから、この場合は夫が家事をする必要もあるかもしれませんね。

 

まとめ

 

この記事では、妻が家事をしてくれないという状態になったときに、解決策をお伝えしていきました。

 

家事は大変なものです、少しでも妻の苦労を知ることも大事ですが、お互いに協力して、一言余計なことを言わないような関係性が出来ると、家事の負担も軽減すると思います。

 

第一にお互いを尊重する気持ちが大事だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です