家事がやる気が無いときの解消法!ズボラでもきれいを持続させるコツ!

毎日同じことの繰り返しで家事にやる気が出なくなる!

 

そんなことを感じる方も多いと思います。

特に女性は家事をして当たり前というような考え方を持つ方も多く、周りの目も気になって頑張らなければいけないと思う気持ちに反して、全くやる気がでないときがあります。

 

毎日の家事は大変な仕事です。

でも、完璧にやろうと思わず、手を抜いて適当に家事をしたとしても結果が良ければ、頑張る必要がないと思います。

 

この記事では、家事にやる気がでないときの考え方や、ずぼら手抜きでもきれいを持続させるポイントをお伝えしていきますね。

 

家事にやる気がでないときの考え方!

 

家事は毎日のことですから、やる気がでないときがあって当たり前です。

ただ、家事を放棄することではなく、面倒な家事を考え方一つ変えて完璧を求めずに続けられるような思考を手に入れていくと、家事に対する考え方を変えることが出来ます。

 

今までやってきた家事のやり方を変えてみたり、変化を加えることで、違った側面に気づくかもしれません。

 

まずは、家事にやる気がでないときに取り入れたい考え方をお伝えしていきます。

 

完璧を求めず手抜きでも良い

 

家事が面倒でやる気が全く出ないときは、あえて最低限必要なことだけで良い日を作ることも必要です。

 

毎日の家事ですから、疲れてやる気がでないときも当然誰にでもあります。

 

そんなときは無理に掃除をする必要もありませんし、自分が全部やる必要もありません。

もし自分以外で家事をお願いできる人がいるなら、勇気を持って家事をお願いしてみましょう。

 

もし一人暮らしなら、手抜きをしてそれなりにきれいになるならそれでも良いです。

頑張りすぎない家事をするように心がけましょう。

 

全部ではなく部分的に終わらせる

 

毎日完璧に掃除をする必要も無ければ、毎日完璧に料理を作る必要もありません。

得意な部分はそれなりに手を抜いて、不得意な部分は全部を終わらせるのではなく、部分的に終わらせるなど、自分なりに手を抜く工夫をしましょう。

 

適当に掃除をして、重要な部分だけを掃除することで、達成感も味わうことが出来ます。

 

苦手な分野は手抜きしよう

 

もし可能であれば、苦手な分野はおもい存分手を抜きましょう。

料理が苦手なら、たまにはおかずを購入するだけでも良いし、お弁当でもいいですよね。

 

家事をすべてしっかりやろうとせずに抜けるところは手抜きをしましょう。

 

家事を楽しくするためのコツ

 

毎日の家事をちょっとでも楽しく取り組めるための工夫をすることで、違った楽しみを見つけることが出来ます。

 

普段何気なくしている家事は時短テクニックなどを取り入れると想像以上に早く終わらせることが出来たり、簡単に出来るようになります。

 

知識を増やすことで、今後の家事が楽しく感じられるかもしれないコツをお伝えしていきますね。

 

時短テクニックを取り入れよう

 

家事を早く終わらせるコツや、洗濯物のたたみ方など、手早く簡単に出来て、見栄えが良いやり方はたくさんあります。

 

ネットで調べると沢山の時短テクニックが掲載されていますので、自分が困っている家事の時短方法を検索して調べてみると意外な発見がありますよ。

 

個人的にはTシャツのたたみ方を早くしたくて検索したら、軍隊のTシャツのたたみ方がものすごく効率が良くて簡単で、毎回のたたみが楽しくなった経験があります。

 

料理や掃除でも色々時短テクニックがありますので調べて実践してみましょう。

 

好きな音楽でノリノリで掃除

 

好きな音楽を聞きながらの料理は結構楽しいです。

個人的には料理をしながら、飲みながら好きなお笑い番組を聞きながら料理をするのが楽しいです。

 

毎日飲みながらつまみ食いをして、作る料理は楽しみになります。

 

 

 

ズボラでもきれいを持続させるコツ!

 

掃除や洗濯、料理は完璧にしても手を抜いても結果的に同じだと思います。

だからこそ、程よくズボラに取り組んでも、毎日の家事は出来てしまいます。

 

そこで最後にズボラでも家事を続けるコツをお伝えしていきますね。

 

掃除はコツコツ部分的に!

 

掃除は一気に各部屋を掃除しなければいけないという固定概念があります。

しかし、リビングや居室はそれほど完璧にする必要はないと思います。

 

肝心なのはトイレやバスルームなど、水回りぐらいはちょっと頑張るくらいで良いと思います。

 

それ以外の場所は毎日少しずつ半分くらい掃除をして、次の日にまた半分掃除をするくらいで丁度いいと思います。

 

リビングは毎日掃除をする必要も無いですし、手を抜けるところは抜きましょう。

料理は手抜きレシピを10覚える

 

頭を悩ませる料理は、毎日大変だと思います。

 

なにを作ったら良いのか毎回悩んでしまうと思いますが、ズボラで時短を目的とした、レシピはネット上にたくさん掲載されています。

 

最初は大変かもしれませんが、ズボラレシピを10パターンくらい覚えてしまうと、応用が効くようになって、料理が楽になります。

 

簡単に手軽で美味しいレシピを増やすことで、どんな材料でも一瞬で作ることが出来るので、知識を沢山入れておくのもいいと思います。

 

使えるものは全て使う図太さを手に入れる

 

 

一人ぐらしをされている方でも、家族と同居されている方でも、家事を手抜きするために何でも利用してみましょう。

 

自分一人で抱え込まずに、使えるものは何でも活用していく図太さを持つことで、精神的な負担をへらすことが出来ます。

 

ちょっとお金が必要ですが、家事代行サービスもおすすめですね。

 

大手の家事代行の料金比較をまとめている記事です。

 

 

まとめ

 

この記事では、家事がやる気がでないときの考え方や、ずぼらでも部屋をきれいに保つコツをお伝えしていきました。

 

家事は毎日のことですが、決して頑張りすぎないことが重要です。

出来る範囲で手を抜くことも必要ですし、誰かにお願いすることも必要ですね。

 

完璧にやろうとしない、程よく手を抜くことが長続きするコツかも知れませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です