共働きの夕飯が面倒なときのおすすめは?夫婦の食卓は手抜き?

何かと面倒な家事の代表といえば、食事を作ることでしょうか。

 

食べることは毎日のことですが、たまには作りたくないという気持ちになるのは当然だと思います。

 

特に共働きで仕事が終わったあとに食事を作るのは面倒に感じることが多いと思います。

そこでこの記事では、共働きで食事はどうしているのか、世間の声を参考に、面倒なときにおすすめのメニューや取り入れてみたい考え方をお伝えしていきますね。

 

共働きの夕食メニューはみんなどうしているの?

共働きでただでさえ仕事で披露しているのに、家に帰ってから食事の準備をするのって結構振動ですよね。

 

食事は毎日のことですが、たまには手を抜きたくなったり、外食で済ませたいと思う気持ちもありますが、世間一般の方はどういう考え方をしているのか気になりますよね。

 

毎日ちゃんと手作り料理を作っているのか?

お惣菜をストックしてできるだけ手抜き料理をしているのか?

 

各家庭の声をまずはまとめていきたいともいます。

 

お子さんがいる家庭と夫婦ふたりの過程では全く考え方が違うようですので、そちらの方は後述していきますね。

 

まずは、世間一般の共働きの家庭は食事をどのようにしているのか世間の声をまとめていきます。

 

30代女性
しっかり出しをとりますよ。

基本的には毎日手作りをしています。

帰宅時間は夜7時~7時30分ほどなので、買い物をして帰ってくるとするに料理を作ります。

結構しっかり目に出汁から取りますね。

でも、面倒なときは惣菜をどーんとかって来て出します。

私は子供もいますが、夫婦ふたりなら結構適当になるかもしれませんね。

 

 

40代女性
無理しないようにしています。

料理は基本的に好きなので、作るのは楽しいのですが、忙しい毎日ではたまに面倒に感じてしまって無理をして料理をしなければという義務感を感じてしまうときがあります。

 

でも、そうなることをわかっているので、作りおきは常備しています。

チャーシューや角煮を作り置きしてみたり、おかずになりそうなものを常にストックして1ヶ月ほどで使い切るようにしています。

 

夫も無理をするなと言ってくれているので、出来ないときはやらない、無理を決してしないということをいつも心がけています。

 

以上の例がある通り、基本的には手作りをされている方が多いようですね。

しかし決して無理をしないように、作り置きをしたり、お惣菜で済ませたり、出来ないときはやらないというスタンスを持つのはすごく精神的な健康を守るためには大事だと思いますね。

 

ただ、夫婦ふたりの家庭とお子さんがいる家庭では、微妙に考え方が変わりますよね。

そのへんのことを世間一般的なコメントをまとめてみました。

 

子供がいる家庭は食事はどうしている?

 

お子さんがいて、共働きの世帯では、毎日はとても忙しい日々を送られています。

しかし、忙しいながらに手抜きを上手にしながら、お料理を作られている主婦の方はとてもたくましく、尊敬できる存在ですね。

 

一部のお子さんを持つ、共働きの主婦(主夫)の方の声を参考にして、一体どういう時間帯で食事を作っているのか?

どのようなメニューが一番好まれているのかをまとめていきますね。

 

子供がいる世帯の料理の時間帯

・会社に行く前の時間で下ごしらえ

・帰宅後に簡単でボリュームの有るメニューを作る

・休日や合間をみて作り置きをストック

・出勤前に夕飯を作っておく

 

以上のようにスキマ時間を利用して、下ごしらえを終わらせたり、温めて食べられる状態に夕飯を作っておくというやり方が一般的な考え方のようです。

 

中には、お子さんがまだ小さい場合なら、会社にシフトを変えてもらったり、上手に時間を活用していることがわかりました。

 

忙しい共働きのお母様の定番の料理としては

・カレーライス

・おでん

・茹でるだけの野菜

以上の献立が特に人気が高いですね。

 

手の混んだ料理よりも、栄養バランスが良くて、野菜がしっかり取れる簡単でボリュームのあるものが好ましいようです。

 

一方夫婦だけの世帯ではちょっと考え方が違うようです。

 

夫婦二人暮らしは手抜きでOK?

 

お子さんがいる家庭では、やはり子供中心のレシピになるために、ボリュームあり見た目が彩りのあるものが好まれるようですが、夫婦だけならば、選択肢の幅がとても広がっているように見えます。

 

夫婦だけの世帯の料理の時間

・週末に作り置き

・帰宅後に調理する

・外食や宅配

・家事代行を利用する

以上のようにお子さんがいる世帯と比べると、宅配や、外食をする世帯があるようですね。

夫婦だけならば、ボリューム重視ではなく、好みのおつまみなどがあれば、晩酌をする程度の料理があればいいという世帯もある通り、かなり自由なメニューが目立ちます。

 

共通している点は、手抜きを適度にして、頑張らない家事をするということが大事だと思います。

 

たまにはなにもしないで家事代行に料理を全部預けて、作り置きメニューを依頼するのもいいかもしれません。

 

必要なときに利用できるスポットプランというのもは比較的経済的な料金で利用することが出来ます。

 

1回の利用料金は5000円ほどからですので、もし興味があれば利用してもいいのかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

 

この記事では、共働きで夕食が面倒な方に他の家庭はどうやって作っているのかをまとめていきました。

 

お子さんがいる家庭と、夫婦のみの過程では微妙に差はあるものの、共通して、「頑張らない家事」をされている方が多くて、皆さん上手にストレスを回避しているようですね。

 

家事は大事なものですが、家事だけに自分の時間を取られることが無いように、適当に行うことが精神的な健康を守るためには大事なことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です